比嘉(がっち)の生き様には考えさせられます。

中途障がい者の大阪KSGがっち(比嘉)は、人生の途中に思いがけず障がいが生じ(交通事故)、それまでの生き方(仕事、趣味、人間関係等)を変えることを余儀なくされ、「生きがいがなくなった」「将来に希望が持てない」「自分には価値がない」等といったことを感じやすい状況になりました。また、高次脳機能障がいの症状によりうまくいかないことが増え、抑うつ的になりました。

そのため支援者は、一見元気そうに見えても、精神面に留意する必要があります。

高次脳機能障がい当事者の比嘉(がっち)ブログ

この記事へのコメント

2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

ひなたぼっこの会のホームページへ

最近の記事