高次脳機能障がい当事者の比嘉は思います。

中途障がいは、人生の途中に思いがけず障がいが生じ、それまでの生き方(仕事、趣味、人間関係等)を変えることを余儀なくされ、「生きがいがなくなった」「将来に希望が持てない」「自分には価値がない」等といったことを感じやすい状況にあります。また、高次脳機能障がいの症状によりうまくいかないことが増え、抑うつ的になりやすいことが想定されます。そのため、支援者は、一見元気そうに見えても、精神面に留意する必要が…

続きを読む

大阪KSG、ヘルパーステーションひらの、NPO法人いちいちまるの困りごと。

ホントに困っています。 NPO法人いちいちまる。はいろんなイベントなどに加勢してくれる、ボランティアさん。ヘルパーステーションひらのは、派遣するヘルパーさん。そして我らが、大阪高次脳機能障がいセルフヘルプグループ(略称:大阪KSG)の活動を手助けしてくれるボランティアさん。今日は大阪KSGのクリスマス会が、早川福祉会館2階201号室であります。今回のクリスマス会は、各々が一緒に来ているヘルパー…

続きを読む

ヘルパーステーションひらのの慢性的なヘルパー不足。

どうしたもんやろ? こればっかりは高次脳機能障がいの当事者がっちにも手が出ません。でもこの前の、ポジティブ生活文化交流祭でも、このヘルパー不足問題が明らかに出ました。いろいろスタッフ会議で話し合った結果。将来介護関係の仕事につこうとがんばっている学生さんを上手く誘えばいいんじゃないか?って意見が出ました。だから今、学校周りのチラシを作成中です。学生さんに来てもらうには、障がい当事者に魅力がなき…

続きを読む

2017年12月 >>
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

ひなたぼっこの会のホームページへ

最近の記事